アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
閑居での独白
ブログ紹介
監査法人を退職した監査パートナーによる主として監査に関連した独善に基づいた独り言です。
ときには、おかしな監査について独断によったコメントを述べたいと思います。
一人勝手の見解やコメントのため、反論や異論を歓迎します。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その11)
 今回は、前回読み解いた、特別な検討を必要とするリスクへの対応として評価が求められている、経営者が代替的な仮定または結果を検討した方法およびそれらを採用しなかった理由、もしくは経営者が代替的な仮定または結果を検討しなかった場合における見積りの不確実性の検討過程(A102項(1))に関連して規定されている「感応度分析」について読み解き、次いで、14項の要求事項によって求められている特別な検討を必要とするリスク(リスクの不確実性)への対応として評価することが求められている事項について読み解きます。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 10:58
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その10)
 今回は、前回読み解いた監査人による独立した見積額または許容範囲の算定に関連した「許容範囲の絞り込み」について読み解き、さらに、「会計上の見積りに関係する専門的な技能・知識」および「特別な検討を必要とするリスクへの対応」を読み解きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 11:15
【緊急掲載】平成29年11月29日付日経新聞「会計の「黒船」にどう向き合うか」
 平成29年11月29日付け日本経済新聞の「私見卓見 OPINION」欄に三菱商事代表取締役常務執行役員 増 一行氏による「会計の「黒船」にどう向き合うか」と題した一文が掲載されていた。その内容の要旨は次のとおりである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/29 20:35
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その9)
 今回は、会計上の見積りに関するリスク対応手続の一つである、監査人による独立した見積額または許容範囲の算定について読み解きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/26 15:19
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その8)
 今回は、監査人による経営者の会計上の見積りの方法とその基礎データの検討のための見積り額の再計算を行うに際して検討する「経営者の仮定の合理性の評価」と、その評価に関連する「経営者の予想を反映した仮定の合理性の評価」、「経営者の意思と能力」、「公正価値に関する会計上の見積りにおける経営者の仮定の合理性の評価」、「公正価値に関する会計上の見積りの観察不能な入力数値」および「特別な検討を必要とするリスク」を読み解き、さらに、要求事項12項(3)が規定している「運用評価手続の実施」について読み解いていき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/18 11:00
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その7)
 今回から、会計上の見積りの監査における重要論点の一つである「リスク対応手続」を読み解いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 10:00
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その6)
 前回から、前年度の会計上の見積りに対する遡及的検討を読み解いています。今回は、遡及的検討の最後として「遡及的検討による虚偽表示」を読み解き、次いで、「重要な虚偽表示のリスクの識別・評価」、「会計上の見積りの不確実性への影響」、「特別な検討を必要とするリスク」、当該リスクに関連して「不確実性によって重要な虚偽表示となる可能性」、「合理的な見積りを行うことができない場合」、「特別な検討を必要とするリスクに関連するその他の事項」、および「識別・評価した重要な虚偽表示のリスクへの対応」を読み解いていき... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 09:41
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その5)
 前々回と前回にわたって経営者が会計上の見積りを行う方法とその基礎データの理解とそれに併せて理解しなしなければならない事項について読み解いてきました。今回は、リスク評価手続とこれに関連する活動として実施される前年度の会計上の見積りの遡及的検討とそれに関連する事項を読み解いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/28 10:00
【緊急掲載】2017年10月21日日経新聞記事で考えたこと
 2017年10月21日日経新聞朝刊の一面記事に「神鋼、社内調査後も隠蔽」との大見出しと「子会社は法令違反の疑い」との見出しの記事があり、三面にも「日産、100億円減益も」という大見出しと「不正検査 部品製造、一部で停止」との見出しの記事とともに、十三面記事は一面記事の関連記事で「『窓口の情報提供で発覚』」との大見出しと「神鋼副社長 アルミ事業・銅事業の不正」との見出しの記事があった。  今回は、これらの記事の内容をとやかく言うつもりはないが、一面記事のなかで「記者会見した梅原尚人副社長は『ガ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/22 13:06
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その4)
 今回は、前回に引き続き、経営者が会計上の見積りを行う方法とその基礎データを理解する際に併せて理解しなしなければならない事項の残りの「会計上の見積りに係る仮定」、「会計上の見積り方法の変更」および「経営者の見積りの不確実性の影響の評価」について読み解いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/21 13:16
【緊急掲載】2017年10月15日日経新聞トップ記事について考える
 2017年10月15日(日曜)日本経済新聞の一面に「日本の製造業に綻び」の大見出しで、「現場任せ限界/問われる経営の力」の小見出しと「日産・神鋼…不正相次ぐ」の白抜き小見出しのトップ記事が掲載されていた。  この記事がストンと腹に落ちてこなかったため、その理由について考えてみた。記事は冒頭に「日本の製造業への不信が広がっている。日産自動車の無資格者検査に続き、神戸製鋼所でデータの改ざんの常態化が発覚した。世界に『メード・イン・ジャパン』の名声を広げた名門企業の現場はなぜ綻んだのか。」と問題提... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 16:58
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その3)
 今回は、監査人がリスク評価手続によって理解しなければならない、経営者が会計上の見積りを行う方法とその基礎データ、ならびにその理解に併せて理解しなければならない事項のうち、会計上の見積りに利用する測定方法、関連する内部統制および経営者による専門家の利用の有無について、読み解いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/14 09:52
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その2)
 今回から、会計上の見積りの監査を実施するプロセスの読み解きに踏み込んでいきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/07 09:40
【読み解き】監基報540「会計上の見積りの監査」(その1)
 財務諸表が「事実と慣習と判断の綜合的所産」といわれているように、資産評価や引当金等の多くの会計処理が会計上の見積りに関係しています。とりわけ近年、会計上の見積りのウェイトが高まっているため十分な監査上の対応が求められていますが、会計上の見積りが経営者の主観的な判断に依存しており、監査人が客観的な資料等によって見積金額を裏付ける十分かつ適切な監査証拠を入手することが難しいため、監基報540「会計上の見積りの監査」の重要度は高まっています。  監基報540は、クラリティ・バージョン国際監査基準(... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/30 09:53
【緊急掲載】9月24日日経新聞社説への疑問と批判
 平成29年9月24日日本経済新聞朝刊に「監査改革に投資家の視点を」と題する社説が掲載された。  この社説の主張は、「資本市場のインフラとしての監査の質を高めるには、実際に財務諸表の情報に基づいて債券や株式を売買する投資家の視点を生かすことが不可欠」であるため、「日本市場では世界中の様々な投資家が売買に参加している。彼らを議論の場に招き、(監査法人は)生の声を聴く機会を設けるべきである」(括弧書引用者追加)とのに記述に尽きるようである。  もっとも、この結論を導くために、企業会計審議会が会計... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/24 18:13
【読み解き】監基報520「分析的手続」(その4 最終回)
 今回は最終回として、要求事項4項(3)の「推定値の算定」、4項(4)「許容金額」および「監査の最終段階の全般的な結論を形成するための分析的手続」について読み解いていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/23 10:31
【読み解き】監基報520「分析的手続」(その3)
 今回は、前回読み解いたA8項に規定されている監査証拠について私見を吐露して、4項(2)の「データの信頼性の評価」について読み解きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 09:53
【読み解き】監基報520「分析的手続」(その2)
 今回は、「監査人が分析的実証手続を実施する際に検討しなければならない事項」を読み解きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/09 10:28
【読み解き】監基報520「分析的手続」(その1)
 今回から、監基報 520「分析的手続」を読み解いていきます。分析的手続は、監査の実務でも十分理解されていない嫌いがあり、形式的、機械的に実施されているためその目的を十分達していないように思われます。このような問題意識をもちながら、読み解きを行っていきます。  監基報520「分析的手続」は、「実証手続としての分析的手続」(以下「分析的実証手続」という。)および「監査の最終段階の分析的手続」の実施に関する実務上の指針を規定しています(1項参照)。監基報520として改正される以前の監査基準委員会報... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 09:54
【告知】内部統制監査実指針の読み解きの終了に際して
 ようやく監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取り扱い」(最終改正平成24年6月15日)について当初予定して範囲を読み解くことができました。  実務指針の内部統制と、私見での内部統制・コントロールに関する理解の基本的な相違もあって、たびたび読み解きに難渋したことは否めません。そのため、ブログ読者が私見の主張について理解が十分できないことを恐れています。私見に係る不明な点があれば、質問、コメント、批判等をお寄せください。よろしくお願いします。    ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/26 10:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

閑居での独白/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる