2019年 監基報200 読み解き(その7)

 今回は、監基報200制定以前での職業専門家としての懐疑心の変遷、職業専門家としての懐疑心および職業専門家としての懐疑心の保持について読み解きます。 32.監基報200制定以前での職業専門家としての懐疑心の変遷  AICPAの公共監視審議会(Public Oversight Board)に組成された「監査の有効性に関するパネル(…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その6)

 今回は、固有リスク、統制リスク、発見リスクおよびガバナンスに責任を有する者について読み解きます。 28.固有リスク  固有リスク(inherent risk)は、関連する内部統制が存在していないとの仮定の上で、取引種類、勘定残高、開示および注記事項に係るアサーションに、個別にまたは他の虚偽表示と集計すると重要となる虚偽表示が行…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その5)

 今回は、監査サンプリングへの利用と監査人の事業上のリスク、平成17年改訂監査基準、重要な虚偽表示のリスクの二つのレベル、財務諸表項目レベルとアサーションごとのレベル、および重要な虚偽表示のリスクについて読み解きます。 23.監査サンプリングへの利用と監査人の事業上のリスク  すでに述べたように、監査の実務において監査リスクの程…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その4)

 今回は、監査意見、監査人によるコミュニケーション、監査人の総括的な目的、合理的な保証、合理的な保証を得るための監査証拠、および監査リスクについて読み解きます。 17.監査意見  監査人が表明する意見の様式は、適用される財務報告の枠組みおよび法令等によって決定される(8項)とし、財務報告の枠組みが適正表示の枠組みの場合(一般的に…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その3)

 今回は、経営者の責任、財務諸表の作成に係る経営者の決定等、監査実施の前提に関する経営者の責任、監査実施の前提の項目、監査上の重要性、監査人の責任、および監基報の構造と要求事項の概観について読み解きます。 10.経営者の責任  監査の対象である財務諸表は、取締役会による監督および監査役もしくは監査役会、監査等委員会または監査委員…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その2)

 今回は、適正表示の枠組みと準拠性の枠組み、財務諸表、財務諸表に係る2019年改正、一般目的の財務諸表と特別目的の財務諸表、一般に公正妥当と認められる監査の基準、および一般に公正妥当と認められる監査の基準の構造について読み解きます。 4.適正表示の枠組みと準拠性の枠組み  適用される財務報告の枠組みが適正表示の枠組みであることも…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その1)

 本日から2019(令和元)年6月に改正された監基報200「財務諸表監査における総括的な目的」を読み解いていきます。  私とって監基報200は、監査上の基本的かつ重要な概念に関する理解が異なっているからと思いますが、理解が非常に難しい監基報の一つです。理解の相違については追々読み解きに際して開陳していきます。  そのため、本読み解き…
コメント:0

続きを読むread more