2019年 監基報220 読み解き(その3)

 今回は、監査チームの選任、専門要員の教育・訓練の考慮、業務の指示、監督および実施、監査調書のレビューについて読み解きます。 17.監査チームの選任  監査責任者は、職業的専門家としての基準及び適用される法令等に準拠して監査を実施し、状況に応じた適切な監査報告書を発行することができるように、監査チームと監査人が業務を依頼する外部…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報220 読み解き(その2)

 今回は、独立性、独立性に関する指針における阻害要因の検討、監査契約の新規締結と更新、独立性に関する指針における監査契約の締結または更新に関する阻害要因への対応、監査人の交代、不正リスクの考慮、および監査契約締結後の情報の入手について読み解きます。 10.独立性  監査責任者は、監査事務所の定める独立性の保持のための方針及び手続…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報220 読み解き(その1)

 今回から、監基報220「監査業務における品質管理」の読み解きを開始します。初回は、「はじめに」において監基報の制定・改正を説明し、監基報220の範囲、監査の品質、品質管理のシステム、監査チームの役割、監基報220の目的、定義、品質管理に関する責任、職業倫理およびチーム・メンバーが遵守していない場合の対応について読み解きます。 は…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その10 最終回)

 最終回の今回は、監査手続の性質に起因する監査の限界、合理的な期間内に合理的なコストで実施する必要性を原因とする監査の限界、監査の限界を克服するために監査人が実施する事項、監査の限界に影響するその他の事項、およびそれぞれの監基報の目的について読み解きます。 46.監査手続の性質に起因する監査の限界  監査人が監査証拠を入手する際…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その9)

 今回は、職業専門家としての判断、職業専門家が判断する事項、職業専門家としての判断の行使、十分かつ適切な監査証拠と監査リスク、監査の固有の限界、および財務報告の性質に起因する監査の限界について読み解きます。 40.職業専門家としての判断  監査の実施に際して監査人の判断は、監査の適切な実施に必要不可欠(A22項)です。誤解を恐れ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報200 読み解き(その8)

 今回は、職業専門家としての懐疑心の保持の効果、職業的懐疑心としての監査証拠の批判的な評価、監査証拠として利用する情報の信頼性、職業的懐疑心と経営者の誠実性、および職業的懐疑心の程度について読み解きます。 35.職業専門家としての懐疑心の保持の効果  監査の過程を通じて職業的懐疑心を保持することは、例えば、監査人が以下のリスクを…
コメント:0

続きを読むread more