テーマ:雑記帳

2019年 監基報315 読み解き(その11)

 今回は、企業のリスク評価プロセス、リスク評価プロセスの理解、およびリスク評価プロセスが設けられていない場合などのへの対応を読み解きます。  私見が規定の内容と大きく異なっているため分かりづらいと思いますが、寛容のほどよろしくお願いします。 47. 企業のリスク評価プロセス  監査人は、企業が以下の事項に関するプロセス(以下「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その10)

 今回は、統制環境に関連する要素、統制環境の理解、統制環境の要素に係る監査証拠、内部統制の不備に対する対応の検討、重要な虚偽表示のリスクへの統制環境の影響、および取締役会や監査役等の参画に関連する統制環境を読み解きます。 41.統制環境に関連する要素  統制環境の理解に際しては、以下に記載した統制環境の各要素が関連することがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その9)

 今回は、内部統制の理解の内容と程度、内部統制の理解のために実施する手続、運用評価手続、内部統制の構成要素の理解および統制環境を読み解きます。 36.内部統制の理解の内容と程度  監査人は、監査に関連する内部統制(controls)を理解する際に、内部統制(controls)のデザインを評価し、これらが業務に適用されているかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その8)

 今回は、手作業によるまたは自動化された内部統制、手作業によるコントロールまたは自動化されたコントロールの特質、ITの利点、手作業によるコントロールの優位性、および手作業によるコントロールの脆弱性を読み解きます。 31.手作業によるまたは自動化された内部統制  前回読み解いた11項の要求事項に関連して、ITシステムにおけるコント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その7)

 今回は、内部統制の定義と構成要素、理解する内部統制の範囲、監査に関連する内部統制、および監査に関係するコントロールかどうかの判断について読み解きます。 27.内部統制の定義と構成要素  内部統制(internal control)とは、企業の財務報告の信頼性を確保し、事業経営の有効性と効率性を高め、事業経営に係る法令の遵守を促…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その6)

 今回は、前回に引き続き、重要な虚偽表示のリスクが存在していることを示唆する一般的な状況と事象、企業の業績の測定と検討を読み解き、次の大項目-内部統制の理解に係る読み解きに先立って、内部統制に係る私見を含む、我が国における内部統制および内部統制とコントロールについて述べます。 23.重要な虚偽表示のリスクが存在していることを示唆す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その5)

 今回は、前回に引き続き、会計方針の選択と適用、企業目的・戦略と事業上のリスク、監査上の対応が必要な事業上のリスクおよび重要な虚偽表示のリスクと事業上のリスクについて読み解きます。 19.会計方針の選択と適用  企業の会計方針の選択と適用(会計方針の変更理由を含む。)に係る理解に関して、監査基準が、会計方針の選択や適用方法が会計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その4)

 今回は、二番目の大区分「企業および企業環境の理解」における、企業および企業環境(内部統制を含む。)の理解の意義、理解する企業および企業環境(内部統制を含む。)、企業の外部環境、企業の事業活動等および企業の事業活動等に関して理解する事項について読み解きます。 企業および企業環境の理解 14.企業および企業環境(内部統制を含む。)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その3)

 今回は、過年度の監査から入手した情報、監査チーム内の討議、監査チーム内の討議の参加者および注記事項に関する監査チーム内の討議について読み解きます。  監基報の理解が難しくなってきました。ゆっくりと読み進めるようお願いします。 10.過年度の監査から入手した情報  監査人は、企業での過去の経験と過年度の監査で実施した監査手続か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その2)

 今回は、前回に読み解いた要求事項5項によって実施が求められている、経営者およびその他の企業構成員への質問、内部監査人への質問、分析的手続、ならびに観察および記録や文書の閲覧について読み解きます。また、監基報300における監査計画の策定・立案に関係する、監査契約の締結または他の業務から入手した情報について読み解きます。 5.経営者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報315 読み解き(その1)

 今回から、監基報315「企業及び企業環境の理解を通じた重要な虚偽表示リスクの識別と評価」の読み解きを始めます。  今回は、「はじめに」においてこの監基報の制定から今日までの改正について簡潔にふりかえり、大区分の「リスク評価手続」のリスク評価手続の意義、アサーション・レベル、アサーションおよびリスク評価手続の内容について読み解いていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【告知】監基報の読み解きの再開についてのお知らせ

 年があらたまったので、監基報の読み解きを再開します。再開最初は、監基報315「企業及び企業環境の理解を通じた重要な虚偽表示リスクの識別と評価」です。  この監基報のメインの一つに内部統制の信頼性の評価がありますが、この理解や用語法が私見と異なっています。また、リスク評価手続のついての理解も異なっています。さらに重要な虚偽表示のリスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報300 読み解き(その5 最終回)

 今回は、最終回として、監査計画の修正、指示、監督および監査調書の査閲、監査調書および初年度監査を読み解きます。 11.監査計画の修正  監査人は、監査実施中必要に応じて、監査の基本的な方針および詳細な監査計画を見直し修正しなければならない(9項)としています。  監査計画の修正を必要とする場合について、監査人は、予期しない出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報300 読み解き(その4)

 今回は、監査チーム・メンバーへの対処、監査の基本方針と詳細な監査計画との関係、詳細な監査計画の作成、および注記事項に関する監査計画の策定・立案について読み解きます。 7.監査チーム・メンバーへの対処  これまでみてきたように、監査計画の策定に際しての相当に詳細な考慮事項が数多く例示されているにもかかわらず、監基報の規定および付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報300 読み解き(その3)

 今回は、監査の基本的な方針の策定および付録の考慮事項の例示を読み解きます。 5.監査の基本的な方針の策定  監査人は、詳細な監査計画を作成するための指針となるように、監査業務の範囲、監査の実施時期および監査の方向性を設定した監査の基本的な方針を策定しなければならない(6項)としています。  監基報は、上述のように、監査の基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報300 読み解き(その2)

 今回は、監査計画の策定への参画者および監査契約に係る予備的な活動について読み解きます。 3.監査計画の策定への参画者  監査責任者と監査チームの主要メンバーは、監査計画の策定に参画しなければならない(4項)とし、監査経験や洞察力を十分に有する監査責任者および監査チームの主要メンバーが監査計画の策定に参画することによって、監査計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報300 読み解き(その1)

 今回から監基報300「監査計画」の読み解きを開始します。監基報300には分かりづらい記述が多くあります。その理由を考えると、監査計画の策定・立案に係る記述ではなく、策定・立案した計画の効果・結果について記述されているからだと思います。本読み解きでは、可能な限り、監査計画を策定・立案する目線から読み解いていきます。  今回は、「はじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その7 最終回)

 今回は、監査報告書における追加責任の報告、公表が禁止される場合、規制当局への報告、法令が監査人に報告を要求している場合、規制当局に報告することが倫理規則に例示されている場合、監査人が報告する権利を有している場合、監査調書、および違法行為への対応に関する指針の文書化の規定について読み解きます。  監基報250の読み解きは今回でようやく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その6)

 今回は、違法行為が疑われる行為に関して十分な情報を入手できない場合、監査の他の局面への影響の評価、経営者確認書の信頼性への影響、監査役等とのコミュニケーション、監査役等との速やかなコミュニケーション、経営者・監査役等の関与が疑われる場合、および監査報告書に及ぼす影響について読み解きます。 28.違法行為が疑われる行為に関して十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その5)

 今回は、識別された違法行為またはその疑いがない場合、識別された違法行為またはその疑いがある場合の監査手続、違法行為の兆候、違法行為の疑いについての協議、協議への制限および法令の遵守状況に関する十分な情報を入手できない場合について読み解きます。 23.識別された違法行為またはその疑いがない場合  監査人は、識別された違法行為また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その4)

 今回は、監査人の目的、法令遵守に関する監査人の検討、財務諸表に直接影響を及ぼす法令遵守についての十分かつ適切な監査証拠の入手、財務諸表に重要な影響を及ぼすことがある法令の違反の識別、違法行為や疑いに気付く場合および経営者確認書の入手を読み解きます。 17.監査人の目的  監査人の目的は、以下の事項のとおりである(10項)として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その3)

 今回は、我が国における法令に基づく特定の報告、法令の分類、財務諸表の重要な金額・開示の決定に直接影響を及ぼす法令、財務諸表の重要な金額・開示の決定に直接影響を及ぼさない法令、職業的懐疑心の保持、違法行為に関する追加責任およびグループ監査に関連する違法行為に関する追加責任について読み解きます。 10.我が国における法令に基づく特定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その2)

 今回は、経営者の責任、監査人の責任、違法行為に発見に関する監査の固有な限界および違法行為に関する特別な報告を読み解きます。 6.経営者の責任  違法行為に関する経営者の責任について、経営者は、取締役会による監督及び監査役若しくは監査役会、監査等委員会又は監査委員会(以下、監査役若しくは監査役会、監査等委員会又は監査委員会を「監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報250 読み解き(その1)

 今回から監基報250「財務諸表監査における法令の検討」の読み解きを始めます。今回は、「はじめに」おいて制定の経緯を簡単にみて、IFAC国際倫理基準審査会(IESBA)における法令不遵守に関するプロジェクトを概観し、それへのJICPAの対応としての倫理規則の改正についても概観してから、監基報250の範囲、法令による影響および違法行為を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報230読み解き(その3 最終回)

 今回が最終回です。今回は、重要な事項に関する協議、実施した代替的監査手続、監査報告書日後の監査調書の作成・追加、例外的な監査報告書日後の監査調書の作成・追加、監査調書の保存、および保存期間中の監査調書の修正・追加を読み解きます。 7.重要な事項に関する協議  監査人は、経営者、監査役もしくは監査役会、監査等員会または監査委員会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報230読み解き(その2)

 今回は、監査手続を実施した結果および入手した監査証拠、監査の過程で生じた重要な事項とその結論および職業専門家としての重要な判断、およびその他の監査調書記載事項を読み解きます。 4.監査手続を実施した結果および入手した監査証拠  前述のように、審査担当者(監査調書査閲者)が監査手続の実施結果および入手した監査証拠を理解できるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報230読み解き(その1)

 監基報230「監査調書」の読み解きを開始します。今回は、「はじめに」においてこれまでの改正の経緯を簡単に見て、監査調書の定義と目的、監査調書の適時な作成、および監査調書の作成内容とレベルを読み解きます。 はじめに  「監査調書」に係る最初の監査基準委員会報告書は、平成3年改訂監査基準に対応する第16号として平成11(1999)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報220読み解き(その5 最終回)

 今回は、不正による重要な虚偽表示の疑義がある場合の審査、審査を実施しない監査業務、監査上の判断の相違の解消、審査の完了、品質管理システムの監視、不正リスクに関連する情報の検討、監査調書、審査に係る監査調書、監査事務所間の引継ぎ、および共同監査を読み解きます。今回で監基報220の読み解きは終了です。 28.不正による重要な虚偽表示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報220読み解き(その4)

 今回は、監査調書レビューの実施時期、専門的な見解の問合せ、審査、審査の実施項目、監査上の主要な検討事項、不正を示唆する状況および審査担当者の検討する事項を読み解きます。 21.監査調書レビューの実施時期  監査責任者は、監査報告書日以前に、監査調書の査閲や監査チームとの討議を通じて、得られた結論と監査意見を裏付けるのに十分かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 監基報220 読み解き(その3)

 今回は、監査チームの選任、専門要員の教育・訓練の考慮、業務の指示、監督および実施、監査調書のレビューについて読み解きます。 17.監査チームの選任  監査責任者は、職業的専門家としての基準及び適用される法令等に準拠して監査を実施し、状況に応じた適切な監査報告書を発行することができるように、監査チームと監査人が業務を依頼する外部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more