財務諸表監査について考える(その64)

未発見の虚偽表示  今回は、財務諸表監査において重要な基本的概念の一つであるにもかかわらず、あまり議論がなく、監査の実務にも浸透していないように思われる「未発見の虚偽表示」について考えます。 未発見の虚偽表示  未発見の虚偽表示(undetected misstatements)は、文字通り、財務諸表に存在しているにもかかわら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その63)

監査終了段階での発見した虚偽表示の評価  今回は、(その58)の続きで、監査意見の形成の準備段階のステップの監査終了段階での発見した虚偽表示の評価について検討します。 発見した虚偽表示  虚偽表示(misstatement)は、(その3)において述べたように、会計処理または財務諸表上の金額や勘定科目が正しくないこと、または処理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その62)

財務諸表の適正性とアサーションの連環  今回は、監査人が監査意見を表明する財務諸表の適正性と、財務諸項目(取引種類、勘定残高または開示)に関連するアサーションの連環について考えます。 財務諸表の適正性  私見では(その2)で述べたように、財務諸表の適正性についての要件として、1.財務諸表が一般に公正妥当と認められる企業会計の基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その61)

監査意見の形成の準備  今回から、監査の最終段階である監査意見の形成について考えていきます。本題について考える前に監査終了段階の作業と事前審査について簡単に紹介して、監査意見の形成の準備段階としてのステップである、監査上の重要性の見直しの要否の検討、監査範囲の十分性の検討および入手した監査証拠の十分性と適切性の検討について考えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その60)

実証手続-2  今回は、前回に引き続き、実施する実証手続、その実施時期と範囲、および前年度の監査証拠の利用について考えます。 実施する実証手続、その実施時期と範囲  実証手続を的確に実施するためには、重要な虚偽表示のリスクを構成する発見リスク(detection risk; DR)の程度に相応した実証手続を立案し、適切なタイミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その59)

実証手続  本ブログではこれまで監基報500番代の実証手続について、マニアックに読み解き、監基報と相当異なる私見を開陳しました。これらの実証手続については、これらのブログを参照してもらうこととし、今回は異なる観点から私見を提示したいと思います。 実証手続の意義と必要性  実証手続(substantive procedures)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その58)

コントロール・テスト-2  今回は、前回に引き続き、コントロール・テストで実施する監査手続、実施時期およびコントロールの有効性の判定について考えます。 コントロール・テストで実施する監査手続  コントロール・テストとして実施する監査手続は、通常、「質問」、「記録や文書の検証」、「観察」またはコントロールの「再実施」です(監基報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その57)

コントロール・テスト  私見では、「内部統制・コントロールが有効に整備され運用されている」ことが財務諸表の適正性に係る要件の一つと解しています。そのため、今回は監査人によるコントロールの運用状況の検証である、コントロール・テストについて考えます。   コントロール・テスト  コントロール・テスト(tests of control…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その56)

監査に関連する内部統制を理解するための手続  今回は、監査に関連する内部統制の理解に関して理解する目的と範囲および理解するための手続について考えます。 監査に関連する内部統制を理解する目的  財務諸表監査において監査人が財務報告に係る内部統制のうち監査に関連する内部統制・コントロールを理解しなければならない(監基報315 11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その55)

リスク評価手続-2  前回では、まだリスク評価手続が監査手続かどうかという疑問に対する解答を得ていません。そのため、今回、この疑問について監査人の心証との関係から考えます。また、リスク評価手続に関連した事項として、リスク評価手続に関連する活動と、監基報240が求めるリスク評価手続に関連する活動について考えます。 リスク評価手続は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その54)

リスク評価手続-1  「(その20)監査手続」の際に、監査手続と監査証拠の関連について以下のように述べ、て、「リスク評価手続」(risk assessment procedures)は果たして監査手続といえるのかという疑問を提示しました。  監査証拠は、監査手続の実施によって入手した外的要因としての証拠資料(evidential m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その53)

監査に関連する内部統制-2  前回、内部統制の構成要素は、原則として、内部統制の枠組みを規定する概念ないし考え方であると述べました。今回は、その例外として、業務プロセスのコントロール(controls)として直接位置付けられない構成要素-経営環境、リスク評価とモニタリング-について考えます。 統制環境  統制環境は、内部統制の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その52)

監査に関連する内部統制-1  監基報315が規定している内部統制について(その45)から前回(その51)まで考えてきましたが、私見では、「内部統制・コントロールが有効に整備され運用されている」ことを財務諸表の適正性に係る要件の一つと解しています。そこで今回は、私見に基づいた財務諸表監査に関連する内部統制について考えます。 内部統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その51)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解考える-10(最終回)  今回は、「監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き)」の「理解すべき監査に関連する監視活動」について考えて、「企業とその環境の理解についてのまとめ」として私見を開陳します。 監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その50)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解について考える-9  今回は、「監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き)」としての「理解すべき監査に関連する伝達」、「理解すべき監査に関連する統制活動」および「ITに起因するリスクへの対応に関する理解」について考えます。 監基報315の理解すべき「内部統制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その49)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解-8  今回は、「監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き)」としての「定型的な(ルーチン)仕訳入力と非定型的な(ノン・ルーチン)仕訳入力」および「業務プロセス」について考えます。 監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その48)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解-7  今回は、「監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き)」として「財務報告に関連する情報システム」および「理解すべき財務報告に関連する情報システムと伝達」について考えます。 監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見(続き) 財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その47)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解-6  今回は、前々回と前回の私見に基づいて、「監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見」として「理解すべき統制環境」、「理解すべき企業のリスク評価プロセス」について考えます。 監基報315の理解すべき「内部統制」の項目・事項とそれに対する私見  監基報315は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その46)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解-5  今回は、「理解するコントロールの範囲の決定」および「コントロールについて理解する内容」について考えます。 理解するコントロールの範囲の決定  監査人は、虚偽表示のリスクを構成するコントロール・リスクの程度を決定(評価)し、その予測したコントロール・リスクの程度でコントロールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務諸表監査について考える(その45)

企業とその環境(内部統制を含む。)の理解-4  今回は、「監査人が理解すべき内部統制についての私見」、「内部統制の理解に際しての評価事項」、それに関連して「監査に関連する内部統制」について考えます。 監査人が理解すべき内部統制についての私見  金融商品取引法の規定する監査制度として、財務諸表監査と内部統制監査があります。財務諸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more